• ホーム
  • 通販で買った医薬品が本物か調べる方法

通販で買った医薬品が本物か調べる方法

2019年05月31日
笑顔の男性

日本では医薬品に関する規制が多く、海外で普及している医薬品の一部が認可されていません。
また、認可されている医薬品も、入手するためには医師の処方箋が必要な場合が多いです。
つまり医薬品を購入する費用だけでなく、診察代も必要になるわけです。

そのため認可されていない医薬品や、医師の処方箋が必要な医薬品を、海外からの通販で購入する人は多くいます。
しかし通販で買った医薬品には、偽物が含まれていることが多くあります。
小麦粉を練って錠剤の形に固めただけのものもあり、当然そういった偽物は、服用しても効果が全く出ません。

しかし、通販で買った医薬品が本物か調べる方法があります。
最も簡単な方法は、錠剤に製薬会社の刻印があるかどうかを確認することです。
医薬品の一部には、製薬会社の刻印が入っているのですが、偽物にはそのような手間はかけられていないことが多いです。
そのため本来刻印があるべき医薬品に、刻印がなかったら、それは偽物だということになります。

もともと刻印のない医薬品の場合は、水に入れて数分間様子を見ることで、本物かどうかを判断できます。
医薬品は服用することで胃腸で溶けます。
つまり水に入れた時になかなか溶けない場合は、偽物の可能性が高いのです。
このように本物と偽物を見分ける方法はいくつかあるので、通販で買った医薬品は、本物かどうかを確認してから服用する方が安全です。
日本で人気の高いED治療薬にタダシップというものがあります。
タダシップについて詳しいサイトもあるため、購入の前に見ておくことをオススメします。