• ホーム
  • 服用した薬に危険を感じた時の対処法

服用した薬に危険を感じた時の対処法

2019年07月12日
幸せなカップル

薬は飲み薬や塗り薬、貼り薬など種類は豊富にあります。
現在は薬局だけではなく市販のドラッグスコアでも買う事ができるようになりました。

薬は身体に何らかの異変を感じた時に使用すると、症状が軽減する事で知られています。
しかしほとんどの薬には副作用もあります。
そして効果が高い薬ほど副作用も出やすいと言われています。
副作用が出た時、それは服用した薬に危険を感じた時でもあるでしょう。
ですからそんな時の対処法を知っておく事はとても大切です。

副作用の症状としては眠気やだるさなど比較的軽いものから重症となると呼吸が苦しくなる、動機がするといった命に関わるものまで様々です。
重症のときはすぐ病院へ行く事が必要です。
そして大切な事は本当に副作用が起こっているのかを考える事になります。

例えば胃が痛くなった時は本当に副作用なのか、飲んだ当日がたまたま胃の調子が悪かったのか、精神的な問題なのか、といった観点からとらえる事ができます。
薬を飲んでからどのくらい時間が経っているかも一つの目安です。
そして危険を感じた時は薬を処方した医師へ相談する事が重要です。
市販のドラッグストアで購入した時も注意書きが記載されていますから、よく読んで対応するようにしましょう。
ですから自分で判断せずに相談をする事が大切となります。